1000元でバイオリンを買えますか?使ってみてはどうでしょうか?

初心者用バイオリンを購入する

これからバイオリンを始めようと思っているけど、続けられるか不安という方に、この価格で始めていただければと思います。ピアノを上手に練習する方法を考えている場合は、自分の能力の範囲内でより良いものを購入することをお勧めします。

1000元のバイオリンは機械バイオリンですか、それとも手作りバイオリンですか?

比較的表面的な分類によれば、バイオリンは機械バイオリン(または工場バイオリン)と手作りバイオリンに分類できます。一般の人は、馴染みのない分野については知識が限られているため、オレンジ色の台などから情報を得て、あるいは子供をピアノを習いに連れて行く際に、陳列棚にあるヴァイオリンを購入することがある。

今、いくつかの情報を見ると、最も多くの人が購入した推奨事項があったり、ページのトップページに賢明に入力されているものがあります。それらをクリックすると、価格は問題ないように見えます。数百元のバイオリンの場合 これらはおそらく機械バイオリンです。

マシンバイオリン

機械式ピアノは工場で金型で成形され、木材をプレスプレートで押し出すことにより、音質が大幅に向上することは明らかです。

木の板には模様がない場合もありますが、木目のラインを描くと装飾が良くなります。左手で弦を押さえる指板は通常黒檀で作られていますが、機械式ピアノはコストを下げるために黒く塗装されているのが一般的ですが、長く使用すると塗装が剥げてきます。木の色が浮き出てきます。

入門用として購入される方も多く、ヴァイオリン本体の他にピアノコードである「ヴァイオリンの心臓部」などの付属品もあり、製作レベルが低すぎて困ります。ヴァイオリンを弾くときは、どれだけ練習しても必ず他の弦を引いてしまいます。先生は、ピアノのコードがうまく分かれていないということで、少し分けてもらいました。

1,000元の手作りピアノの場合、機械で加工され、手作業で研磨され、組み立てられる場合があります。購入できて幸運です。

手作りのバイオリン

一般に、伝統的な意味での真の手作りバイオリンは、バイオリン製作者の製作レベル、評判、使用されるバイオリンの材料によって決まります。質問に到着しました。

現在ではオールドスタイルのピアノも存在しており、古いピアノにも経年変化や個性が生まれます。もしピアノが良くなかったとしたら、なぜこれほど長い間保存するためにこれほどの労力を費やす必要があるのでしょうか?一般的に言って、これらのピアノは非常に高価でもあります。

いくつかの古典的なバイオリンモデルに基づいて現代のバイオリンを複製するアンティークバイオリンの製造を専門とする企業もあれば、昔ながらのスタイルを持つ企業もいます。

使ってみてはどうでしょうか?

ことわざにあるように、もし光を見なかったら、私は暗闇に耐えていたかもしれません。機械式ピアノを使用するのも苦痛でした。主な苦痛は、スチール弦が装備されていることです。左手の指を押すと痛くなり、3日以内に結び目のように厚いタコが形成されました。購入したバイオリンの弦の種類がわからない場合に、ちょっとしたヒントをご紹介します。よりニュートラルなナイロン弦を購入して交換し、ピアノそのもののサウンドを感じてください。

範囲内で、組み立てに問題がある場合は、付属品の問題を解決して、より良いピアノを購入してください。好きな音を選択するか、より専門的な友達や先生を見つけてください。ヴァイオリンスタジオ自分のお好みの音を選ぶのもいいですね。

一般的に言えば、払ったものは得られます。最近練習していると、弓も人によって好みが異なり、簡単に手に取り、腕の延長として使用できる弓も非常に重要であることがわかりました。あなた。

弓とピアノがマッチすると、ピアノの練習がより楽しくなります。

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です