大人でもヴァイオリンを独学できますか?難しいですか?

独学でヴァイオリンを習う

自学自習は一種の能力であり、一般的な文章や数字の知識を紙で学べば自学自習が可能です。スキルカテゴリーの独学には高い模倣能力が必要であり、また目に見えにくい強制力の活動の方向性もあり、一度それを間違えると遠回りすることになる。

本の学習法

多くのヴァイオリン啓発本では、本の最初の数ページに、立ち方やピアノの持ち方など、いくつかの基本動作の写真が掲載されています。どのような間違いを避けるべきかを言葉で説明するには、大人に基本的な判断力と鏡が必要であり、誰も見て指摘しなくても、鏡に映った姿勢を見てすぐに修正することができます。

音楽理論はもちろん、音の認識の仕方や音の表現にかかる時間など、基本的なことは本だけでは教えられないのが現状です。弓の長さは音を表現するために使用されるべきですが、実際にはそうではありません。音符が定位置にあるかどうかを時間値で判断する必要があり、どんどん変化する音符に対応するにはメトロノームが必要で、メトロノームの「カチッ」という音は止まってしまいます。

楽器は音を伝える媒体です。本から特定の弓のテクニックを理解するのは難しいと思います。私は何人かのヴァイオリニストの人生についての本を読んでいたのです。彼らの両親は啓蒙のためにヴァイオリンの教師を探していたか、彼らの家族は音楽一家出身。ただ、彼らは授業に行って勉強することが最も早くて効果的な方法だと知っているだけです。

オンラインで学ぶ方法

独学でヴァイオリンを学ぶ 現在では、条件が整っていないがヴァイオリンが大好きな多くの人が、ヴァイオリンを購入し、オンラインの学習ビデオを見て独学することを選択します。これらの人々のほとんどは、気分を調整するための趣味としてそれを行っています。それは一種の遊びです、ただ楽しんでください。

動画を見ていた先生は簡単に弾いてくれましたが、自分で練習するとピアノの持ち方や弓の使い方の基本さえ理解できず、すぐに挫折してしまいました。特に出てくる音は最初は非常に不快で、誰もがこのプロセスを経験します。今では正しいやり方をステップバイステップで教えるように進化していると思いますが、ステップごとに説明ビデオがあり、コースパッケージを購入する必要があります。先生によっては、理解できないのではないかと心配して、丁寧に説明してくれる人もいます。授業は 40 分で終わることが多く、その後自分で練習するのに必要な時間は一晩で過ぎてしまいます。しかし、練習して何かが間違っていると感じたら、反省して改善し続けるしかありません。独学もこんな感じですが、自分では間違っているつもりはないのに、どこが間違っているのか分からず、音が不快だったりすることがあります。

独学は難しいですか?

難しくないと思われる方もいらっしゃると思いますが、私自身はとても難しいと思いますが、1回のレッスンで転ばないピアノの持ち方を習得しました。あまり音を立てずに、右手をできるだけ一生懸命使う方法を学びました。

周囲

そうすると、ピアノの練習を我慢している周りの人はそれを騒音だと思い、聞いているのが不快になってしまいます。メンタルと心理のギャップに挑戦する時期です ヴァイオリンを習う人なら誰しも「しっかり勉強したい」「自分の求める音を出したい」というメンタルを持っていると思います。しかし、私はこれまでのところこのレベルまで安定することができていないので、この道は長いです。独学で勉強すると、この苦しい期間はさらに長引くことになります。

耳の聞こえ

なぜなら、先生と一緒に授業を受けていても、家で練習すると、うっかり見つけられずに間違えてしまうことがあり、次に教室に行って先生に教えてもらうまで、どこが間違っていたのか分かりません。 。独学で勉強する場合、自分の実践状況を効果的に把握するにはどうすればよいでしょうか?そして、誰もがそれを見極める耳を持っているわけではないと思います。

左の指使い

手のフレームをどのように学ぶか、正確な音を押して抜く方法、この種の調整は長い時間をかけて練習する必要があります、独学ですか?バイオリンはギターとは異なり、小さなグリッドで区切られています。この音はどこにあるのでしょうか?もう見つからないのですが、自分で少し勉強して試してみることはできますか?正しく押せたつもりだったのですが、先生が少し下げてくれました。自分では聞こえません。

結論は

結論から言うと、ヴァイオリンを独学で学ぶのは難しいと思います。ただ遊んで騒ぎたいだけなら、それはあなた次第です。

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です